スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

非戦闘エリアでの武器の装着について 

「非戦闘エリアでの武器の装着について」
何通か質問があったので、私の見解をこちらにまとめます。

セカンドライフの土地にはPGとMatureがあります(詳しくはこちら)
PGはもちろんMatureでも、戦闘を認めていないエリアでは武器を使用してはいけません。

それでは、刀や銃などのオブジェクトを武器として使用するためではなく、
ファッション/アクセサリとして装着するのは許可されるのでしょうか?
という質問です。

価値観や認識の違いもあると思いますが、私が今までセカンドライフで過ごしてきた中での一般的と思われる見解は以下のとおりです。


非戦闘エリアで銃や刀などの武器を装着する場合、腰や背中に装着している分にはあまり気にならない人が多いと思います。

逆に鞘からぬいて、手に持っている場合はアウトだと思います。
銃や刀を手に装着している場合、チャットなどの動きの中で、銃口がアバターの方を向いてしまうことがあります。
アバターとはいえやはり銃口や刃物を自分に向けられるのは気持ちの良いものではありません。武器として使う気がなくても手には装着しない方がいいでしょう。

例外としては、血糊がついた大きな鎌を背中に装着している人がうちの土地に来たときは注意しました。


土地のオーナーは自分の土地に来るすべての人のことを考えています。
実際にはその土地のオーナーのルールに従ってくださいね!


※注意してくれる人は親切です。エリアによってはいきなりBAN(立入禁止)で処理されます。

スポンサーサイト

[ 2007/11/13 ] 雑文 | TB(0) | CM(9)
基本は『No』と考えた方がいいですよね。
戦闘能力のない武器、例えば模造刀であっても、威嚇と捕らえられてしまう可能性は否めません。
私の場合は初めて訪れるSIMは武装せず、しばらくそのSIMを歩いて、住民が装備していれば帯刀するようにしています。
C:Siの場合でも新しい追加機能でDuel Modeが実装され、Duel状態になった場合は周囲の人にダメージを与えないようになりましたが、だからといってどこでも闘っていいということになったわけではありません。
BIG6は遵守して当然、となりますのでそこは注意を払う必要はあります。
この辺は日本人向けSIMよりも海外SIMの方が厳しいことが多いので、武器を持つものの嗜みとして弁えていたいところですね。
[ 2007/11/13 18:49 ] [ 編集 ]
この問題はよく私も質問を受けます。

大変参考になりました。

もしよろしければ私のコミュにコピーを

取らせていただいてもよろしいでしょうか?
[ 2007/11/13 19:43 ] [ 編集 ]
自分も剣術をかじっている関係で武器の装着には気を使います。
スレイン局長も述べてますが、自分も基本は丸腰(^^;で装着してもよさそうな場所、または既に判っている場所以外は装着を避けています。

手に持ってなくても、やはり武器を携帯しているだけで威嚇行為と見なされかねないですから。
[ 2007/11/13 21:18 ] [ 編集 ]
価値観、思想感。
いろいろあるので難しいもんだいなのです><

他のオンラインゲームから来た人とかでも価値観は違うかんじだもの。

でも明らかにロールプレイングとかの問題前に愉快犯的な人も多くてこまるです。

土地のオーナーの土地なのだから、実際はたしかにオーナーさんに従わなくっちゃですね。

みんなが楽しくあそべたらいいですねー。
[ 2007/11/13 23:54 ] [ 編集 ]
私は基本的に武器の所持はしていないのですが、
かなりサイバーなカッコをしているので、
背中の機械的な羽根やベルトなどで誤解されることがあります。
でも、一言注意してくれればいいのですが、問答無用にオリで飛ばされるのは、正直かなしいですね(>_<)
[ 2007/11/14 02:36 ] [ 編集 ]
かなり苦労して日本人ヤクザの外見を作り、あとはヤッパを持たせたいなあと考えていたんですが…威嚇的と取られると辛いですね。
威嚇行為という意味では存在自体が威嚇的とも言えるんですけどね。
[ 2007/11/14 18:45 ] [ 編集 ]
こんばんは。コメントありがとうございます。
元記事は日本SIMでの私の主な生活圏で感じた見解を書きましたが、もっと慎重になった方がいい場所もあるようですね。武器に限ったことではありませんが、周りの人が自分のしていることを見てどう感じるか。それは意識しておいた方がよさそうです。
[ 2007/11/15 01:48 ] [ 編集 ]
以前、外国のSIMのほうでキャンプしていたときに、
狼のアバターを注意されてました。
注意されたら相手の意見とそのSIMのことを理解しなければなりませんね。
刀等の携帯やSSを撮るときなどは、要注意です。
[ 2007/11/15 06:08 ] [ 編集 ]
>狼のアバターを注意されてました。

丸腰でもダメですか?そうですかorz

狼姿のShuですた。
[ 2007/11/17 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿(お気軽に)













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

セカンドライフ日本語版の歩き方

セカンドライフ日本語版の歩き方



Jinn Lyne

※現在ブログのコメントを使った、SLの操作やエラーに関するご質問はお受けしておりません。
詳しくはこちらをご覧ください。

ブログ検索
全記事サイトマップ
セカンドライフの本

> おすすめの本のページ


セカンドライフ 歩き方
ハンドブック
セカンドライフ 歩き方ハンドブック

当サイト「セカンドライフの歩き方」が本になりました


セカンドライフを楽しむ本
セカンドライフを楽しむ本

LINZOOさんとの
共著発売


セカンドライフ
LindenScriptingLanguage
プログラミング入門
セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門 (バーチャルワールドガイドブックシリーズ)

アスキーによるスクリプトの教科書的な本です


セカンドライフで作る
リンデンスクリプト入門
セカンドライフで作る リンデンスクリプト入門(CDROM付)

日本語公式ガイドを出版した
インプレスのスクリプト本


セカンドライフ
公式ガイド(日本語)
セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide

日本語公式ガイドです。
ボリューム満点


日本版「セカンドライフ」
まるわかり!
日本版「セカンドライフ」まるわかり!

SLで活躍している人や
ITの専門家による本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。